So-net無料ブログ作成

他人とは違う考え [人間]

人それぞれ考え方が違うのは当たり前です。

育った環境、経験してきた事、色んな要素が含まれて人格が形成されます。


お金持ちの人は、餓えに苦しむ人の気持ちは分かりません。

学校に行きたくても鉛筆やノートを買えない子供の気持ちが分かりません。

貧乏な人は、毎日新品の服を着る人の気持ちが分かりません。

お受験戦争やセレブ会に参加している人の気持ちが分かりません。


だから私にも全然理解できない人間がいるんです。

喋っても無駄なんだなと…。

そんな風に思わせる人は底辺の気持ちなんて全然理解する気が無い。

なんだか残念ですね。


世の中にこんなことを言う人がいます。

過労死の問題について、「自己管理の問題。他人の責任にするのは問題」「労働組合が労働者を甘やかしている」「労働基準監督署も不要」「祝日もいっさいなくすべき」

派遣切りについて「貯蓄をせずに自己防衛がなってない」「企業や社会が悪いなどというのは本末転倒である」などと批判



この言葉に対して、「規制がなくなれば地獄の底まで働かせるのは、産業革命で立証済み。最低限の権利を守る仕組みが必要だ」と反論する人もいる。


どっちの言葉が正しいのかは読んでいる人、それぞれ違うと思います。


私は労働者の立場の人間ですからね…。

けしからん事を言う奴がいるなぁと思いました。

しかも過労死は自己責任と言ってる人が、労働政策審議会のメンバーだったんですね。

こんな人が国を動かしてるのかって思うとショックです。


西成にはそりゃぁ凄い人がいっぱいいますよ。

でもみんな一生懸命生きてるんです。

それでも世間からは冷たい目で見られてるんです。

自分が悪い?

だったら覚せい剤を売って金儲けしていいってことか!!?

ふざけるな!!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。