So-net無料ブログ作成
検索選択

自衛しましょう

過労死は自己責任

私、この言葉が大嫌いです。

結局会社は責任を負いたくないんですよ。

こんな事言われたら立場の弱い労働者はどうする事もできません。

自分の身は自分で守る。

無理する事はありません。

自衛しましょう。



こんなの見つけました


残業で自分を壊すなっ!究極の3大自衛策


長時間残業で自分を壊す前にとるべき3つのポイント

長時間残業でいちばん怖いのは、過労によって健康を壊すこと。しかも、過労の渦中にあるときには、自分自身でそのストレスに気付かないことが多いのです。

そのため、「最近、残業が多いぞ」と思い始めたら、いつでも以下の3つの自衛策をとれるように、準備を進めておきましょう。



1) タイムカードをコピーする

残業が常識になっている場合、タイムカードのコピーをためておきましょう。明確な残業時間の証拠に残すことは、社内外の相談機関に相談するとき、会社と交渉するとき、法律に訴えることになったときに役に立ちます。

また、法律で定められた割り増し手当を含む残業代がきちんと支払われず、サービス残業になっている可能性もあります。未払い残業代の有無を確認するためにも、タイムカードのコピーは重要なキーポイントになります。



2) 残業が月に100時間超えたら「医師と面接したい」の一言を

2006年に施行された改正労働安全衛生法では、月の残業が100時間を超え、疲労の蓄積が認められる場合には、「医師の面接」を行うことが義務化されました。ただし、本人の申し出によることが原則になります。会社から働きかけてもらえるとは限らないため、「それでは何もならない」と思う人も多いでしょう。

しかし、社員が自ら「医師の面接を受けさせてください」と言えば、自分の健康状態を把握することもできますし、会社にかなりのプレッシャーを与えることもできます。社員自らが、「過労によって心身への危機を感じている」と警告することは、長時間残業への歯止めにつながります。




3) 労働基準監督署の無料相談を利用する

長時間残業は生命に関わることもあるため、悩みを一人で抱え込まないのが鉄則です。

ただし、相談するなら、労働者の見方であるきちんとした相談機関を利用することが大切。悩みを聞いてもらえるだけでなく、一般の労働者には分かりにくい法律上の情報や、会社との話し合いに役に立つこと、セルフケアのポイントなども教えてもらえます。

まずは、経営者が最も恐れる全国の「労働基準監督署」の総合労働相談コーナーを利用してみましょう。労働に関することなら、無料でどんなことでも相談できます。



経営者は労働者の現状に気付いてないこともあります。

労働者側から何かしらメッセージを送る事も大事ですね。

いろんな抑止力を使って幸せな生活を築きましょう[ぴかぴか(新しい)]
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

不況に強い歯科技工士? [歯科技工士]

少し古いニュースですが…

石川のニュース

不況に強い、人気急上昇 歯科衛生士・技工士 県内専門学校、志願者が倍増

口腔ケアを行う歯科衛生士=金沢市内

 全国的に歯科衛生士と歯科技工士の若者離れが懸念される中、石川県内で衛生士と技工士を志す若者が増えている。
それぞれの県内唯一の養成校である県歯科衛生士専門学校と県歯科技工士専門学校の今年度の入学試験では、ともに前年の倍以上と例年を大きく上回る志願者が集まった。
関係者は長引く就職難で、資格取得後の就職率が高い衛生士と技工士に人気が集まったとみている。
 近年、少子化や労働条件の厳しさなどから歯科衛生士と歯科技工士を志す若者は減少していた。
しかし、今年は県歯科衛生士専門学校の入学試験受験者が急増。
昨年までの志願者数は50人前後にとどまっていたが、今年は105人となり、入学者は定員の50人を上回った。
県歯科技工士専門学校でも今年度の入学者数は21人で、昨年、一昨年の11人から倍増した。

 長引く不況にもかかわらず、歯科衛生士と技工士の求人は多く、県内の歯科衛生士の有効求人倍率は約2倍、技工士も約1倍となっており、両校の卒業生は例年、ほぼ全員が就職している。

 県歯科衛生士専門学校と県歯科技工士専門学校では、県内の高校に歯科の校医などを通じて就職に有利であり、口だけでなく全身的な健康保持にも効果を発揮するといわれる口腔(こうくう)ケアで衛生士や技工士の果たす役割が大きいことなど紹介し、PRに力を入れてきた。

 両校の蓮池芳浩校長は「衛生士と技工士は50代が多く、今後ますます若者の育成が必要になる。仕事の魅力をさらに周知していきたい」と話している。



こんなこともあるんですね…(lll´Д`)

あんまりツッコミ入れたら怒られるんでねぇ…。

抑えていきましょうか(;^ω^)


歯科技工士の現状を知ってる人は、「技工士になりたい!」って思うのでしょうか?

相当リスクの高い職業なので、躊躇しますよね…。

就職率が高いのは地職率が高いからなんですよね。

しかも技工物は単価が安いので、普通の労働時間では生活ができません。

技術を身につけたいと思ったら、ラボで「勉強」を夜遅くまでしないといけません。

「修行中」は給料を貰おうなんて思ったらダメです。

「教えて下さっている」と思わなければやっていけないでしょう。


もっともっと技術を磨いて有名になろうと思ったら、生活の全てを「歯科技工」に捧げる覚悟をしなければいけません。

有名な技工士さんは一日中休み無しで研究しています。

少しでもしんどいと思ったら諦めた方がいいと思います。


技工物そのものは患者さん一人一人に合わせて作られる付加価値の高いものですが、だからと言ってそれで儲かるという仕事ではありません。

職人の世界です。

陶芸の世界によく似ています。

職人が作り上げた世界だから大変なところがいっぱいあります。

でも、病み付きになる人もいるようです。

そんな人だと幸せな人生を送れるでしょう。



最近、技工だけでは収入が少ないのでアルバイトを始めました。(せめて年収200万ほしいので)

高校生の子に怒られたりもします。

大変だけど、生きていくためには仕方の無いことです。

ブログの更新が遅れたりすると思いますが、お許しください。

しかし最近のバイトの時給は技工よりいいですね。

歯科医院で働く時間減らしてもらおうかな…。

そりゃぁ若者が技工士辞めるのも納得してしまいます。

技工士の待遇が良くなればいいのですが、今のままじゃダメだと思います。


私は偏った考えの持ち主です。

今まで散散歯科医師に酷い事を言われてきました。

対等な立場ではなく、いつも見下されていました。

経営者にもこき使われました。

今まで経験してきた事が心に染み付いてしまってます。

中には素晴らしい考えを持った人もいますが、ごく少数としか思えません。

悪い人ばかり接してきたから、悪い考え方しか出来ません。


でもこの業界を良くしたいという考えでは皆さんと同じだと思っています。

こんな私でも何か業界のためになればいいなと思っています。

反感も買うと思いますが、これが私なんです。

育った環境が違うので考え方も違います。

しかし、今はぶつかり合ってる場合じゃないと思います。

みんなで一緒にゴールを探しましょう。
nice!(13)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

元気の出る言葉

心の栄養見つけました

これを読めばきっと元気になるはず[ぴかぴか(新しい)]





心がやさしいと笑顔もやさしくなるんだよ。
自分にも人にもやさしくなれるんだよ。
自分にも人にもやさしくなれる心を育てようネ!


今日という日は一日だけ。
泣いて過ごしても一日、笑って過ごしても一日。
だったら泣いているより笑って楽しく過ごそうよ!!


あいさつはお友達を作る魔法の言葉.。
たくさん魔法を使ってごらん。


人はひとりじゃないんだよ。
何をするにも誰かがいて自分がいる。
自分がいて誰かがいる。
思いやる心を持とうね。


色えんぴつは、たくさんの色がありみんなちがうように
みんなも一人一人個性が違うよね。
いろんな色を使うと素敵な絵ができあがるように、
いろいろな友達が集まると楽しいよね。


よく見て、自分の目で。よい事?悪い事?
よく考えて、自分の心で。何が大切なのか。


体の傷はいつかは消えるけど、心の傷はいつまでも消えない。
だから、自分にも人にもやさしい思いやりのある大人になってね。


苦しい事があったら必ずうれしい事があるよ。
自分で前に進んで見つけようね。


難しいこと嫌いなことから逃げないでね。
苦労が多い分
人にも優しくできるし協力することもできるんだよ。


自分を信じてあたらしい何かを見つけ、
あなたにとってのオンリーワンにしてください。


生まれてきてくれてありがとう。
あなたは望まれて生まれたのよ。
だから、自信を持って生きなさい。



辛い世の中だからこそみんな手を取り合って生きていきたい。

困ってる人を見つけたら助けて下さい。

落ち込んでる友達がいたら相談にのってあげて下さい。

他人の幸せは自分のために


私からの送りもの

人間臭くて大好きな歌です。

ジャパハリネット・哀愁交差点

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

気になるお仕事・陶芸の世界

13歳のハローワーク引用

陶芸家とは?
陶芸家は茶碗、皿、鉢、つぼなどの陶磁器を作るのが仕事。
土選びから絵付け、窯焼きまで自分自身で行うことが多い。
工場などで大量生産される一般的な茶碗や皿などの陶器とは違う、付加価値の高い優れた作品の制作を行う。
陶芸家の作るものとしては、茶碗、皿、鉢、花器、つぼ、置物などがある。粘土や長石(ちょうせき)・珪石(けいせき)などの原料を使って、ろくろ回しや手びねりで形を整え、窯焼きを経て仕上げる。
日本には信楽焼、九谷焼、唐津焼、清水焼といった伝統的な焼物があり、それぞれ独自の手法で発展・継承されている。
技術習得は厳しく、一人前になるには陶芸家や窯元に弟子入りして精進を重ねることになる。
また、伝統的な手法を踏まえながらも、独自のアイデアやアレンジで創作してゆく若い陶芸家も増えている。


陶芸家の収入は?
◆民間で働く陶磁器工(調査時平均年齢46.5歳)の現金給与月額は21万4600円、推定平均年収は282万円。(※2)
◆伝統的な窯元に入門して初任給15万円程度から。独立しても平均的な会社員程度の収入にまでなるのは難しいですが、陶芸作家として成功すれば年収数千万円も。(※1)
※1「賃金構造基本統計調査 平成16年」厚生労働省より推計
※2『天職事典ver.2』造事務所著・PHP研究所出版よりp352


陶芸は職業として成り立たせるのは相当な努力や技能が必要とされます。

職人の世界って厳しいですね[あせあせ(飛び散る汗)]

陶芸は好きだけど生活が維持できなくて辞めてしまう人も多いそうで…
タグ:芸術 職人
nice!(9)  コメント(3)  トラックバック(2) 
共通テーマ:資格・学び

他人とは違う考え [人間]

人それぞれ考え方が違うのは当たり前です。

育った環境、経験してきた事、色んな要素が含まれて人格が形成されます。


お金持ちの人は、餓えに苦しむ人の気持ちは分かりません。

学校に行きたくても鉛筆やノートを買えない子供の気持ちが分かりません。

貧乏な人は、毎日新品の服を着る人の気持ちが分かりません。

お受験戦争やセレブ会に参加している人の気持ちが分かりません。


だから私にも全然理解できない人間がいるんです。

喋っても無駄なんだなと…。

そんな風に思わせる人は底辺の気持ちなんて全然理解する気が無い。

なんだか残念ですね。


世の中にこんなことを言う人がいます。

過労死の問題について、「自己管理の問題。他人の責任にするのは問題」「労働組合が労働者を甘やかしている」「労働基準監督署も不要」「祝日もいっさいなくすべき」

派遣切りについて「貯蓄をせずに自己防衛がなってない」「企業や社会が悪いなどというのは本末転倒である」などと批判



この言葉に対して、「規制がなくなれば地獄の底まで働かせるのは、産業革命で立証済み。最低限の権利を守る仕組みが必要だ」と反論する人もいる。


どっちの言葉が正しいのかは読んでいる人、それぞれ違うと思います。


私は労働者の立場の人間ですからね…。

けしからん事を言う奴がいるなぁと思いました。

しかも過労死は自己責任と言ってる人が、労働政策審議会のメンバーだったんですね。

こんな人が国を動かしてるのかって思うとショックです。


西成にはそりゃぁ凄い人がいっぱいいますよ。

でもみんな一生懸命生きてるんです。

それでも世間からは冷たい目で見られてるんです。

自分が悪い?

だったら覚せい剤を売って金儲けしていいってことか!!?

ふざけるな!!

nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

地位向上のために [歯科技工士]

今まで有名技工士さんの悪い事をいっぱい書いてきましたが、そんな人たちも技工士の地位向上?のために一生懸命頑張ってこられました。

歯科技工を愛するがあまり、ほかの事に目がいっていなかった…。

他人の苦しみに気付いてやることができなかったのです。


技工士の仕事は自分との戦いです。

机に向かってコツコツとひたすら歯を作り続けます。

同じ職場内の人間でも殆ど目を合わすことがありません。

それゆえに、他人とのコミュニケーションが下手くそになってしまいます。

自分の世界に入り込んでいる人が多いのもその為です。


歯科技工士の世界が狭いと言われているのもこの為ではないでしょうか?

いつも技工室にこもっていると、外の世界で何が起こっているのか分からなくなってしまう時があります。

世間から取り残された気分になります。


技工士にオシャレな人が少ない(見た事がない)のは流行が分からないからだと思います。

あまり外出する事もないから、服装なんて気にしないという方も多いのではないでしょうか。

私がそうなんです。

服にお金をかけたことがありません。

毎日洗濯して清潔に保っていたらそれで良いと思っています。

恥ずかしくて人の多い所には行きたくありません。

だから西成での生活がとても心地よく感じます。

だれも服装なんて気にしません。

白い目で見られません。


時代に取り残された技工士と、時間が止まっている西成はよく似てるんですよ。


西成に国家資格を持ってる奴がいるって知れ渡ったら面白い事になりそうですね。

技工士の名が泣いてるよ…。


こんな歯科技工士ですけど、有名な技工士さんたちは私らとは別の次元で活躍してるんですよね。

歯科材料の研究をメーカーの人たちと一緒にやったり、講習会を開いて技術を後輩たちに伝えています。(非常に高いので私は参加した事がないのですが…。)

歯科医師からも崇められています。

私のような三流技工士にできる事ではありません。

技術を身につけた人だからこそ、出来ることなのです。


日本の技工士は世界トップレベルと言われているのは、この人たちのおかげです。

自分の名前を高めることは決して悪い事ではありません。

技術のある技工士さんが先頭に立って、この業界を良くしてくれたらいいのです。

本来、私のような人間が前に出るべきではないのです。

有名な技工士さんたちは喋るのがとても上手です。

そんな人たちが世間に技工士の現状を伝えてくれたら、この業界は良くなるんですけどね…。


有名技工士さんに仕事を出している歯科医院も凄いです。

積極的に技工士の意見を取り入れて、技工士からアドバイスを伺ったり、私が知ってる歯科医師と歯科技工士の関係じゃないんですよ。

歯科医師が下手な形成(削り方)をした時、有名技工士さんのラボでは模型(歯型)を送り返してます。

技工士が歯科医師に向かって「やり直してください!」と言いたいことが言える関係なんです。


これは有名な技工士さんだから出来ることなんです。

私が今まで見てきた世界は、歯科医師と技工士では天と地ほど身分に差がありました。

月とすっぽん、ゾウとミジンコです。


有名技工士さんの周りには素敵な歯科医師の先生方が集まります。

技工士の事を大切に思っている先生ばかりです。

互いを信頼しあっています。

有名技工士さんは、とても素晴らしい環境を作ることが出来るんです。


しかし、私のような底辺技工士はダンピングに苦しめられ生活もままならない状況です。

有名技工士さんが、ここで歯科医師に訴えかけてくれれば少しは良くなるんじゃないでしょうか?

自費専門だからとか、保険専門だからとか言ってる場合じゃないんです。

技工士全体の問題として声を上げてもらえませんか?

力があるんなら有効に使いましょうよ(^^)



最近、持病の腰痛が酷くて椅子に座るのがとても辛いです…。
毎日みなさんが読んでくださるのが私の楽しみでもあるのですが、明日一日休ませてもらってもよろしいでしょうか。
毎日ブログを更新するのが目標だったのですが、テーマが技工士ゆえに暗い話ばかりになり持病の鬱が悪化してきてるんですね(^^;)
夜なかなか寝付けなくて、眠くなるまでブログの記事を考えたりするんですけどこれがどうも良くないみたいなんです。
怖い夢にうなされたりして生きた心地がしません。
肉体と精神を少し休めたいので勝手を言って申し訳ないのですが…(^^;)
毎日多くの方がこのブログを訪問して下さってます。
訪問数が多ければ多いほどこのブログの価値は高まっていきます。
いつの間にかランキングも8位になりました(^^)
ランキングが上がれば一般の方の訪問も増えます。
技工士の知名度が上がります。
インターネットに接続したときは、このブログにアクセスしていただけるでしょうか。
1ページごとにアクセス数がカウントされます。
皆様のご協力、お願い申し上げますm(__)m
いつもnice!を押してくださっている皆さんには申し訳ないのですが、今後のお礼コメントが出来なくなると思います、ちゃんと訪問はさせて頂きますよ(^^;)
一般の方も歯の事でお悩みがあればお気軽にコメント欄に相談して下さいね。
ここには、その道のプロが大勢いますので(^^)
nice!(11)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

皆さんありがとう [歯科技工士]

みなさんから多くのコメント頂き、大変嬉しく思っています。

昨日用意していた原稿を全て書き直しました。

ホントは有名技工士さんあてに強烈な記事を書いていたのですが、なんとか踏みとどまりました。

大望を果たすまでは頑張ります。


私はこれからもブログを続けます。

続けなければならないと思いました。

私のブログを見て共感してもらえる人がもっと必要です。

技工士だけでなく、歯科医療を受ける人、全員に見てもらわなければなりません。

私は後輩に伝えていきます。

何度も読み返してください。

全身で感じてください。

深く深く考えてください。

そうすれば、自分の伝えたい事がきっと見つかるはずです。


そして自分の役割が見つかった時、行動に出てください。


一人の力はとても弱いです。

しかし集団になればとてつもない力が生まれます。

国も動かせます。

私はそう信じています。

そう信じなければならないのです。


私はこのブログを通じていろんな方の意見を聞くことができました。

技工士会で語られるような内容ではありません。

一般の方にもこのブログを見てもらっています。

これまで闇に隠れていた技工士の現状が、ようやく光に照らされようとしているのです。

この明かりを消してはいけない…。

それを、ブログをご覧になってる多くの方から教えてもらいました。

加藤先生にもブログを続けて頂きたいです。

私のブログを続けてほしいという声があるように、加藤先生のブログを続けてほしいという人も多くいるんです。

私もその一人です。

この業界を良くしていきましょう!



技工業界の止まった時間が再び動き出そうとしています。

そう手ごたえを感じました。

今までにない「流れ」が起きようとしているように感じます。

多くの技工士が行動を起こせば、汚物を洗い流すことができます。

それは私一人では出来ません、皆さんの力が必要です。


みんなで便器にたまったウンコを流しましょうよ…いいかげん。

臭くて息がつまりそうだ…。

そして換気もしましょう。

業界の風通しを良くしたら悪臭も消えますよ。



きれいなトイレには…神様がいます[ぴかぴか(新しい)]

タグ:汚物
nice!(10)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

業界の怖さ [歯科技工士]

今日、パソコンの電源を入れてショックを受けた。

私のブログを紹介したがため、強烈な圧力を受けた人がいました。


加藤先生…、本当にすみません。

私が浅はかな行動を取ったがために、あなたまで巻き込んでしまいました…。

歯科技工士のために頑張って下さっている先生には本当に申し訳ないことをしました…。


私が今までやってきたこと、それはタブーとされてきました。

加藤先生も今の歯科業界を取り巻く現状に悩んでおられました。

何かいい方法がないか…。常に技工業界のために悩んでおられました。

想いは私と同じだったと思います。

しかし私は業界の闇を追及するあまり、侵してはならない領域に触れてしまったのです。




私のような人間が何かを語ったところで発言力のある人がもみ消せば、全て塗り替えられてしまいます。

この業界の恐ろしさ…、再認識しました。


私は情報提供してくれた後輩と連絡を絶ちました。

もう、歯科技工士改革委員会の会員ではありません。

私から離れなければならなかったからです。

しかし、なにかあった時の為の準備はしときなさいと伝えときました。

全て記録するように伝えました。

そして、何かがあったときはブログで私が報告します。

彼を守るためです。




加藤先生のブログ・「仏陀の塔」引用させていただきます。
(少し脚色しました)



昨日、神の啓示を受けた。
それは、有名技工士からのメールが切っ掛けだった。

メールの内容は一切関係なく、その目に見えない行間に神の啓示があった。
価値観が違うのか・・・・。
歯科技工士には2種類の歯科技工士がいる。

それを知ったとき、「お疲れ様、やっと解ったようだね」だった。

この技工界を「どうにかしたい、何とかしたい、その責任は」と言う切迫した思いに対して
神の啓示は「お疲れ様、もういいよ」だった。

「もう戦う必要がない」と言われた感じがした。
「そうかそう言うことか」と感じた時、ふっと肩の荷が下りた。

「お疲れ様」

「未来がやっと理解できたよ」
「ありがとう」

【Comment】

依頼がありました書き込みは削除いたしました。
しかしもはや、このBlog自体公開する意味を持ちません。
2,3日中には非公開とします。






涙が止まりません。

悔しい気持ちでいっぱいです。

なんとお詫びをしたらいいのか…。

光を照らそうと一生懸命頑張っておられた加藤先生を否定する腐った業界の体質が許せません。

加藤先生とはやり方が違いますが、私なりに声を上げていかなければこの業界に未来はありません。(もう未来がありません)


加藤先生がブログに書き残した
>「未来がやっと理解できたよ」は、とても悲観的な内容に感じられます…。

この業界は良くならないということです。つまりは滅びです。

業界の改革を望まない人間がこの業界のトップに君臨しているということです。


>もはや、このBlog自体公開する意味を持ちません。
真実が語れないのであれば意味がないということだと思います。




歯科技工士の業界で真実を語ってはいけないのでしょうか…。

もうこの業界は終わりです。

明るい未来はないです。


しかし、有名な技工士さんは1つ大きな過ちを犯してしまいました。

職人がゆえに、目の前の事しか見えていない。

もっと先を考えての行動を取るべきだったのではないでしょうか。


加藤先生にブログの削除を依頼するという大きな過ちを犯しました。

私からすれば圧力をかけたとしか思えない。

自分の気に入らない事は消したらいいと思ったのではないでしょうか。

権力者の発想と同じです。

私のように底辺で生活してきた人間は「誤る事」の大切さを知っています。

自分が悪くなくても誤らなければならない時だってあります。


しかし、プライドの高い人は謝ることを知りません。

自分の罪を認めようとしません。

大物政治家がいい例です。


事態を認めることで、収拾がついたんじゃないんですか。

今回の行動は火に油を注ぐ行為です。

見事に裏切られました。

非常に残念です。

nice!(8)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

歯科技工士に必要なモノ [歯科技工士]

全ての技工士さんへメッセージを送ります。


歯科技工士には色々な形があるように思います。


職人の技工士

プロの技工士

医療従事者の技工士

雑貨を作る技工士

サラリーマンの技工士


他にもたくさんあります。

同じ技工士でも、働き方、作るものが大きく変わっていきます。

技工所も同じです。


会社としての組織なのか

病院としての組織なのか

道場としての組織なのか

塾としての組織なのか


働くとなれば、上の2つでしょう。

会社から給料を貰って働きます。

病院から給料をもらって働きます。

雇用主との契約が必要になります。

労働に関する法律に縛られます。

法律を守らなければ、経営者は逮捕されます。


しかし、道場や塾では雇用関係が結ばれません。

「働く」のではなく「勉強させてもらう」場所になります。

お金を払って教えてもらう場所ということになります。


それでは本題に入ります。

私がなぜ、技工所の深夜残業と休日出勤の取材したのか。

その経緯をお話します。

後輩から聴いて書き写したノートを読みながら、いろいろ考えました。

そして、私なりの改善策がみつかりました。

住む世界は違えど同じ「歯科技工士」です。

私の考えがお役に立てばと思います。


まず、取材した会社は「○○会社」と会社を名乗っています。

そして、従業員は雇用主から給料を貰って働いています。

所得税も払っています。

給与明細も見せてもらいましたが、普通の会社と同じです。

れっきとした会社です。


会社として名乗る以上は、労働基準を守る義務が生じます。

そして、経営者の方はとても有名な技工士さんです。

歯科技工士の業界を代表する方です。

技工士の手本にならなければならない存在です。

私自身とても憧れていた存在だったので、ここの会社はまともだと信じていました。

それだけにショックは大きかったです。

仕事と勉強がごちゃ混ぜになっているように思います。


毎日夕方5~6時になったら夕礼があるそうですね。

定時になったら「夕礼」ではなく「終礼」するべきです。

「終電までの残り時間頑張りましょう」ではなく、「これで本日の業務は終了です。用事のある人はさっさと帰りましょう。」と上の人が言ってあげましょう。

上の人が働いていたら、下の子が帰りにくいです。

帰りやすい環境を作ってあげてください。


会社の体質はどのようになっているでしょうか?

会社の人間としてではなく、客観的に見た時にあなたの目にはどのように映っていますか。

良いところ、悪いところが見えてくるはずです。


たしか、一日で辞めた社員がいましたよね。

その人は中途採用で、他の技工所で色々経験された方だと聞きました。

前の技工所で苦労したから、今度こそ充実した生活を送りたいと思って入社されたそうです。

業界の大変さは理解されている方です。

にも関わらず一日で辞めてしまうとはどうゆう事でしょうか。

結婚もされていると聞きました。

安易な転職ができる立場ではないと思うのですが…。


そしてその事を、朝礼で「おかしいんじゃないのか?」と言った子がいました。

一日で辞めてしまうのが当たり前のように思っている会社の人たちに、一番若い子が異論を唱えました。

そして、朝礼が終わってから「お前は何が言いたいんや?」と上司が言ったそうですね。


彼の言いたかった事を私が代弁します。

たとえ世界的に有名な技工士さんがいる会社でも、一日で辞めてしまう社員がいるという事に何か問題があります。

毎日働いている人には分からないと思いますが、夢を持って入社した人が一日でその夢をあきらめてしまうような環境がそこにあったのだと思います。

会社を少しでも良くしたいのであれば、若者の意見を押し潰すのではなく柔軟に取り入れる事も大切だと思います。

会社の為にここまで言ってくれるなんてすばらしい事じゃないでしょうか。


大企業の社長が新入社員に「出る杭であれ!」と言っているのを聞いた事があります。

社員の伸び伸びとした発想が会社を大きくするという考えです。

会社にとって不都合な事をもみ消すような組織はいずれ滅びます。

船場吉兆はとても有名でしたが、体質が悪かったがゆえに潰れてしまいました。

伝統を守る事は大切ですが、良い事だけを残していっていただきたいです。



しかし、それよりも気にかかることがあります。

社員に「入れ歯作りの現場から~口の中の偽装~」という動画を渡しましたよね。

技工士の現状を知れと。

そして両親にもその動画を見てもらって、技工士という仕事を理解してもらえと言いましたよね。

私もあの動画を見た事があります。

あえてコメントは控えさせていただきますが、多くの技工士さんがあの動画を見て何かしらの感情を抱いたのではないでしょうか。


その動画を渡された社員の気持ちを考えてください。

動画を見せられた両親の気持ちを考えてください。

それを見せられた家族はどんな気持ちになったのでしょう。


よく考えてほしいです。


「入れ歯作りの現場から~口の中の偽装~」という動画を知らない一般の方に説明させていただきます。

これは、生活が維持できなくて苦しむ技工士を映したドキュメンタリーのような動画です。

コンビニでバイトした方が儲かると言う技工士や、子供からお父さんみたいになりたくないと言われている技工士の悲惨な現状を映し出しています。

早朝から深夜まで背中を丸めながら働いている技工士の姿は、この業界には未来が無いことを映し出しています。

画面の中の技工士はみんなボロボロです。

まるで、西成のあいりん地区を連想させる動画でした。



その動画を社員に見せて、家族にも見せろと言ったのです。

こんな生活よりはマシだと言いたかったのでしょうか…?


こんな動画を見せられて、社員はこんな底辺技工士じゃなくて幸せと思えるでしょうか。

逆にモチベーションが下がりますよ…。

世の中、下には下がいると言いたいのは分かりますが、世界的に有名な方がすることではないと思います。

やはり、高い地位におられる方は若者に夢を持たせるべきだと思います。

私も憧れていました。

その人を目標に私は頑張ってきました。

だから…、これからの若者に光を当ててやってください。

そして希望を持たせてあげて下さい。

華を持たせてやってください。


会社の人には良くしてもらったと後輩が言ってました。

食事にも連れて行ってもらったと、とても喜んでいました。

個人個人はとても温かい人の集まりと聞いてます。

だから最初は情報提供を拒みました。

私も聞いてるうちに、ホントは良い人たちなんだなと思いました。

ただ、会社の人間となると…どうかと思います。

技術を追求するがあまり、周りが見えなくなっているのではないでしょうか。

これはあくまでも私個人の意見です。

人それぞれ生き方も様々ですから…。


会社を守る事は大事です。

しかし、会社は従業員がいないと成り立たないのです。

人を大事にしてください。

人を育ててください。

そうすれば、強い絆で結ばれた美しい会社になると思いますよ。



私の好きな言葉に「人は城、人は石垣」というのがあります。

戦国時代最強と言われた武田信玄の言葉です。

彼の周りには優秀な部下が大勢いました。

彼は人を大事にしました。

人を大事にしたから強くなれたのです。

人なくしては戦に勝つ事が出来ません。

城よりも人を大事にすることは、今の経営者たちが学ぶべきことではないでしょうか。


多くの経営者がこの不況の時代を乗り越えようと一生懸命頑張っているのは重々承知しています。

私のように経営の経験も無い人間が、寝言を言っているだけだと笑われます。

しかし、今の歯科業界は人の心を忘れてしまっています。

医療とは本来、人を救うものです。

「心」が生かされる仕事なのです。


他業種で働く職人さんのブログを一度見てください。

彼らは自分の仕事に誇りを持っています。

職人の「魂」と人間の「心」を持っています。

輝いてます。

これが本当の職人だと思います。

技工士の「職人」とは大違いです。

この人たちを技工士全員が見習わなければなりません。

本当に美しい職人の世界が見れますよ。


全ての技工士さんに言いたいです。

心を大事にしてください。

そして、他人を幸せにしてください。

家族を幸せにしてください。

私は多くの技工士さんの幸せを願っています。

ブログで取り上げた会社の方々も幸せになっていただきたいです。

仕事以外の喜びを分かっていただきたいです。


そして、多くの技工士さんに人としての喜びを分かってもらえるようになってほしいです。



ブログを通じて多くの方々から励ましのお言葉を頂きました。

多くの方々の声が、私の背中を押してくれました。

そして私なりの答えが見つかりました。

今日のブログが私の解答です。


確かに歯科技工士という仕事は「職人」の世界です。

しかし、それ以前に技工士は人間です。

家族がいます。

友がいます。

愛する人がいます。


人間としての大切な事をこれからも訴えていきたいです。

技工士としての生活を大切にするか、人間としての生活を大切にするか。

考え方は人それぞれです。

どちらが悪いとかではないのです。


しかし、人間として生きたい若者を苦しめる経営者にはキツイことを言っていきます。

弱者である若者を守ります。

これが私の願いです。


私は「職人」の技工士は辞めました。

「医療従事者」として今頑張っています。

患者さんの笑顔を見るのが私の今の喜びです。

ばあちゃんの割れた入れ歯を直した時、手を合わせて有り難うと言われました。

夢は捨てましたがこんな生活も悪くないです。

やりがいを感じます。


「職人」の技工士さん。

どうぞ笑ってください。

こんなちっぽけな事で喜んでる哀れな人間にコメントを送ってやって下さい。

あなた方にはこっけいに見えるでしょう。

しかし、私は「職人」を辞めたかわりに「人の温かさ」を取り戻しました。

外の世界には喜びがいっぱい落ちてますよ。

狭い技工室を出て初めて気付きました。


私はこれからも自分の決めた道を突き進んでいきます。

それは自分の為であり、自分を想ってくれる人の為です。


立ち直るのに少し時間がかかりましたが、これからも温かく見守っていただければ幸いです。

寝ないで考えたので、変なところがあると思いますがご了承ください。

長文失礼致しました。


皆様のご意見お待ちしています。

nice!(8)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

謝罪 [歯科技工士]

以前、深夜・休日の技工所を記事に載せましたが、そこで働く技工士さんからコメントを頂きました。

そして、私が書いた記事により従業員の方々に大変なご迷惑をおかけしてしまいました…。

大変申し訳なく思っています。

この場をかりて謝罪させていただきます。

本当に申し訳ございませんでした。


一番最初に誤らなくてはならないのが、社名が分かってしまった事です。

写真ファイル名がそのままだったのを確認せずに使用した私に全ての責任があります。

記事を書いた後にしっかりと確認しなければいけなかったのですが…。

確認ミスだったから許されるという話ではありません。

申し訳ございませんでした。

関連する画像・記事は全て削除しました。


スタッフさんのコメントに出てくる子の名前ですが、私が話を聞いて記事にした後輩だと思います。

彼は、有名な技工所で働いていた経験があるということで、色々話を聞かせてもらいました。

最初はあまり喋ろうとしませんでした。

私の直感ですが、よほど辛い事があったのではないのかと思い、時間をかけて聴いていくことにしました。

彼は、有名な会社で働ける事が誇りに感じていたと同時に、残念な気持ちも隠しきれないようでした。

私は洗いざらい彼に喋ってもらいました。

良いところも悪いところも全てです。



そして、彼の話を元に私が脚色してブログで紹介させてもらいました。

彼には何の責任もありません。

私が自費専門でやってる技工士も大変だと世間に伝えたくて、半ば強引に記事にしました。


私は彼の人間性にとても惹かれました。

今時こんな素晴らしい青年がいるのかと思ったぐらいです。

彼はすごくがんばり屋です。

人の心の温かさを大切にします。


そんな彼が泣きながら語ってくれました。

私も過去に同じような経験をしたことがあるので、この辛さは自分の事のようにも思えました。

技工士としてではなく、人として私は業界に訴えかけないといけないと思いました。


スタッフさんの会社の方々にはご迷惑をおかけして申し訳ないと思っております。

仕事が大好きな方にとっては本当に迷惑な話ですよね…。


私は今まで勉強だと思って、睡眠時間を削りながら働いてきました。

結果として身体を壊し、好きな事も出来ない身体になってしまいました。

私は自分と同じような経験をしてほしくないと思い、健康の大切さ、家族との時間の大切さを訴えてきました。


しかし、これは私の勝手な思い込みであると気付かされました…。

世間で天才と呼ばれている方々は、生活の全てを研究に捧げている人が多いです。

私が、技工士として一人前になれなかったのもその為ですね…。

技工士が職人であるという事を改めて気付かされました。

その職人の世界に余計な口出しをした事をお許しください。


今までの無礼をお許しください。

これからは安易な書き込みは避けたいと思っています。

今までブログを楽しみに呼んでくださった方々には申し訳ないのですが、これからは更新の回数を減らそうと思っています。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。



頂いたコメントの一部を載せておきます。






この会社で働くものです。
GWの貴重な連休中にもかかわらず、入念な取材大変な労力だと思います。

日祝は得意先ではやっているところもありますがお休みです。土曜日は半分のスタッフが交代で出勤しています。
2日の日曜日は私が1人で両親の技工物を作っていました。3日に両親を会社に呼んで、小学5年生になる娘と共に過ごし、両親の入れ歯をリペアしてやっていたのです。

両親は私の田舎である兵庫県の日本海側から出てきていて、待っている間孫と遊び、入れ歯が直るととても喜んでくれました。二人ともとても感謝してくれましたし、息子のほうの用事でいなかった私の奥さんにも感謝していました。
また、師匠は自身が早くに両親を亡くされたこともあり、以前から会社や機材を快く使わせてくれ、両親はそれにも感謝していました。

師匠は駆け出しの頃から誰に教えられるでもなく勉強し、ついには海外の有名な学会から表彰されるに至りましたが、これは歯科技工士さんが技工士の地位向上を考え行動しているのと同じこころざしだと思います。

以前に歯科技工士さんは >何事も1歩ずつ確実に進んでいくことが大事です。とおっしゃっていました。

師匠は土日もしょっちゅう出社して夜中まで研究や開発をやっています。聞けば自宅に帰られてからも執筆などで寝るのは3時くらいだそうです。その結果わざわざ医院に出向かなくても色が分かったり、多くの技工の役に立つことが発見されていると思います。休日のルポを行っても師匠であることがほとんどだと思います。

最近では仕事の量を押さえ、CAD/CAMのスキャナーやオールセラミックの研究もすすめていて、私たちスタッフも大いにその恩恵を受けています。出来なくなると私たちをはじめ多くの技工士が困ることになると思います。また、多くの技工士や材料関係、得意先やそうでないドクターも師匠に会いにやってきます。みんな話しをすると意外と面白い人なので喜び、奥の深さに驚き充実して帰ります。こんな技工士いるでしょうか?

私はそばにいてもまったく近づく気配はありませんが少しでも学びたいです。
もっとやらせてください。




nice!(7)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。