So-net無料ブログ作成

視点を変えて…続き [歯科技工士]

前回記事を載せてどれくらいコメントが来るのか楽しみにしていたのですが、思っていたよりも少なくて残念です。

歯科技工士自身が変化を望んでいないのか、もう諦めてしまっているのか、今のままでは開業さえすれば悩みは無くなるみたいな方向に結論行き着いてしまうような気がします。

業界の底上げを願うのであれば、議論を重ねて最善の方法を見つけれなければならないと思います。

だから皆さんのコメントが必要なんです。

もっともっと議論しましょう。

力を貸してください。


今回のコメントでもひらりんさんが重要な言葉を残してくれてますよね。


>この業界は構造的に給料のベアは無理なんです
>経営者が意地悪で低賃金になっているのではありません


これこそが問題の核心に触れる重要な事ではないでしょうか?

歯科技工士は独立するまで身を粉にして働かなければならないのでしょうか。

毎年多くの若者がこの業界を去っています。

途中で身体を壊してリタイヤしなければならない人だって多くいます。

過労に過労を重ねて開業した頃には精神も身体もボロボロになっていたら意味が無いです。

私が実際にそうでした。


独立開業を夢見て、技術を身につけようと必死になって働きました。

20代前半はほぼ毎日明け方まで働いて、時間を見つけては先輩の仕事を貰って早く上の仕事ができるように努力しました。

一般の技工所なんて職人気質の人が多いので誰も教えたがらないです。

自分自身で仕事を探して覚えていくしかありません。

そんな生活が続き、身体に限界を感じたので一度歯科技工士の職を離れました。

しかし就職活動をしているうちにいろんな事に気付かされました。

殆どの会社は新卒を優先して中途採用はしてくれません。

採用してくれるところなんて、飲食店など簡単な仕事ばかりです。

技工士よりは稼げましたが、夢を持てません。

若いうちはいいですが、こんなんで将来生活していけるのか?と不安になり、結局技工士に戻る事になりました。


新たな就職先の技工所も夜中の1時2時まで働くのは当たり前でした。

それでも早くこんな生活から抜け出したいという思いで一心不乱に仕事を覚えました。

しかし、過労は確実に私の身体を蝕んでいき、出勤するときに動けなくなって救急車で運ばれたこともありました。

十二指腸潰瘍、胃潰瘍、何度もできました。

度重なる疲労とストレスで強烈な脱力感から抜け出せなくなります。

ただの疲労と思い込んでいる人が多いですが、それって鬱の症状なんですよ。

周囲の人に相談しても「ただの疲れだろ」って言われるし、目の前には大量の仕事があるから休めない状況です。

鬱の症状を抱えながら働き続けました。ただの疲労だと思って。

30代になれば仕事も一通りできるようになり、自費の仕事を覚え保険の仕事も1日でフルマウス3ケースはできるようになりました。

「そろそろ独立かな」と思えるようになってきた頃、脳梗塞で倒れちゃったんですよ。

笑えないですよ、今まで遊ぶのも我慢して必死に働いてきたのにこんな事ってあるのかなって…。

身体は思い通りに動かないし、やる気も全然でないし、生きている意味すら見出せなくなってしまいました。


仕事が無ければ生活ができないのでハンデを背負った状態で就職活動をしました。

結果は不採用の連続。

中には「うちは健常者しか雇っていないんですよ」と言う歯科医師までいましたよ。

会社の面接では当然ですが、医療に携わる人間の言うことかと耳を疑ってしまいます…。

給料が安くても良いからとにかく仕事をしなければならないと思い、行き着いた先が今働いている歯科医院だったんです。

給料は時給制で、新卒と同じ750円、徐々に身体を慣らしながら今までの感覚を取り戻していきました。

技工士としての仕事だけでは足らず、半日は歯科助手の仕事を手伝っていました。

実際に歯科医療の現場を見れるのは嬉しかったですが、資格が要らない歯科助手の仕事が時給900円で、資格の要る歯科技工士の時給が750円というのは疑問で仕方なかったですね。

理由は分かっているんです。

新卒の技工士だとそれが限界だからです。

>この業界は構造的に給料のベアは無理なんです
>経営者が意地悪で低賃金になっているのではありません

この言葉、まさにその通りだと思います。

結局世間一般の人たちと同じくらいの給料を稼ごうと思ったら2倍働かなければならないんです。

手抜きして数をこなすか、品質を維持するために倍の時間働くか、どうするかは歯科技工士自身が決める事です。

必死になって品質を維持しようとする者が倒れていく業界の構造がここにあるのです。


大工さんだって家を建てるときに釘を打つ量を半分にすれば労力が半分で済みますよ。

でも家を建ててもらう側の人間からしてみれば、ちゃんと仕事をしてほしいですよね。

歯科の世界だってそうです。

歯科技工なんて手を抜けばいくらだって楽して金儲けできるんです。

インレーのパターンをパラフィンでとってる所もあるくらいですから…。(業界用語ですみません)


私は今働いている歯科医院で、自分自身の為に新たな一歩を踏み出そうとしています。

自分自身に訪れた人生の転機を活かすためです。

しかし、これはあくまでも個人レベルでの話です。

私の生活が満たされたところで、この業界の劣悪な労働環境の改善はされません。

業界の底上げがされなければ私がブログを書いている意味がありません。


私が何を訴えたいのか分からないという方もおられます。

私が何を言いたいのか、それをもっと考えて下さい。

それでも分からないという方は、頭の深い部分では考えるのを止めてしまっていると思います。

答えを決め付けるのではなく、導き出すのが今の技工業界の課題ではないでしょうか。

千里の道も一歩から

一人一人の想いがこの業界を良くすることを願っています。


50代半ばの歯科技工士さんからも素敵なコメントを頂きました。

長年技工士として頑張ってこられた人として、とても深い内容のコメントだなぁと思いました。

休みも取れない技工士になりたくないと息子さんに言われながらも、大学に進学させ、お子さんを立派に育てられた素敵な父親です。

開業されている方でさえ、長時間労働に頭を悩まされている方がこの業界には多くいます。

私は、そんな努力をされてる方はもっと裕福な暮らしをしてもいいと思うんです。



長時間働いて収入が多くなるのは当たり前です。

努力するのは必要ですが、無理はしてほしくないです。

健康はお金にかえられません。

身体を大事にして下さい。

nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 6

ラスカル

同感です!!
技工士経験者として本当に怒りと憤りが収まりませんね!!

私も就職活動に苦労していますよ(;_;)
技工士離職後に就職活動をしましたが「なんで技工士の資格があるのにわざわざこの業界で働きたいたいと思ったの?」などなど悔しいことや悲しいことを言われたりしましたね!!とりあえず生活するためにはお金を稼がないといけないので異業種でいいから就職をして働きたいのに悲しい思いや悔しい思いを何度もしましたね。お金を稼ぎたいから仕事したいのに(;_;)
冗談抜きで悔しくて面接後にトイレに行って泣いた事もありました(;_;)

話変わりますが歯科技工業界が変われる日が本当に来るといいですね!!

長々と長文失礼いたしましたm(_ _)m
by ラスカル (2010-08-02 18:56) 

C・Ha

>私の生活が満たされたところで、この業界の劣悪な労働環境の改善はされません。

↑ 結局、自分の生活が満たされない人は、全体のことなんて考えられないものなのではないでしょうか?
そして、生活が満たされた人は、その他大勢の満たされない人のことなんてどうでもいいのではないでしょうか?

ある有名な歯科技工士が酒席で 「腕の良い歯科技工士を目指すな! 儲けられる歯科技工士を目指せ!」 って、おっしゃってました。
たしかに、そのラボの従業員は薄給で働いてますから、ずいぶん儲けてらっしゃると思います・・・・。

有名な歯科技工士ですらそうなんですから、この業界はどうなるのでしょう・・・。
若手有名歯科技工士でさえ、業界のこと考えてる人なんて皆無じゃないですか?
ホントは、若手歯科技工士が率先して改革していかないといけないんでしょうけど・・・。

by C・Ha (2010-08-03 22:52) 

ひらりん

私の稚拙な文面を引用いただき恐縮です
自分の生活を考えるか、業界全体を考えるか・・・
たいへん厳しい選択です
しかしながら順番では自分を考えられないと全体を考えるイメージさえ分からないと思います
要は自分のノウハウを全体に活かすということです
それがないと何も見えないのではないでしょうか?
業界全体となると膨大な時間、莫大な資金、多岐にわたる人脈が必要でしょう。
もちろん政治がからみます
政治は介護問題のように表面化してからでないと絶対に動きません
まさに千里の道ですが、ここをご覧のかたには千里の道を歩く体力さえ残されていない方もおられるのではないでしょうか?
あまりに厳しい選択のため昨日はコメントできませんでした
1日考えても答えは出ませんでした
ごめんなさい・・・。
今言えるのは個人の発展なくして全体像は考えられないということです
個人の成功の秘訣さえ知らないかたもおられるのではないでしょうか?
立ち読みでいい、本屋で個人事業の始め方のノウハウ本を読めば見えてきます
せめてココを見るひとだけでも幸せになれる選択肢があってもいいかとは思いますが、管理人さんの趣旨とは異なりますので複雑な心境です
以前にもカキコミしましたがネットはイロイロな意見が簡単に集まる反面、人間関係が非常に脆弱です
相手の顔も名前も知らない・・・
これでは千里の道を共に歩む責任ある集団行動など不可能です
定期的な飲み会などでスタディグループ結成などというのも効果的かとは思いますが・・・う~ん地域が限定されてしまいますね・・・・。
猛暑ですがお体、無理なされないようご自愛くださいませ
by ひらりん (2010-08-04 00:21) 

歯科技工士

ひらりんさん、辛い思いをさせてしまったようで…、申し訳ないです。

>自分の生活を考えるか、業界全体を考えるか

ひらりんさんの場合は、まず自分の生活を優先させるべきではないでしょうか?

あなたには守るものがあります。

家族を幸せにするのが今、あなたが一番やらなければならない事だと思いますよ(^^)

お子さんに立派な親父として映るように頑張って下さい。

過去のコメントからも業界を良くしたい、若者に夢を持たせてやりたいという気持ちが伝わってきます。

その思いだけで今は十分だと思います。

この業界、声を上げればたたかれる事だってあります。

だから無理な行動は取らないで下さいね。

自分を守る事が家族を守ることにもなるのですから。


幸い私は独り身です。

生活費も一人なんであまりお金も要りません。

激安のスーパー玉出が唯一の心強い見方です。

私は病気も経験しましたし、いつかは死ぬので多少の圧力には耐えれます(^^)


ラスカルさんやC・Ha さんから頂いたコメントを見ると、この業界の事をまだまだ世間に伝えなければならない事がいっぱいあるんですよ…。

無意味な行動だと笑われても良いんです。

これだけインターネットで情報があふれている世の中なんだから、いつかは歯科医療の闇が表面化しますよ。

それは私が死んでからかもしれません。

しかし、このブログは残ります。

見てくれる人がいる限り、私は続けます。

でも最近しんどいので更新ペースは減らせて頂きますね(^^)
by 歯科技工士 (2010-08-04 22:25) 

歯科医師

将来日本に歯科技工士がいなくなってしまうのでは、と心配です。
歯科医院の経営も切迫していますから、保険の大幅な増点がない限り若い技工士が育つ環境を作るのは難しいのだと思います。
私の医院は保険の点数で経費を払うのが精いっぱい、自分の生活費は自費の分で賄っているため多い月と少ない月の格差も激しいです。
いかんせん、日本の歯科医療の評価が低すぎます。
私たち歯科医師ももっと真剣に取り組むべき問題だと思います。
by 歯科医師 (2010-08-09 09:50) 

ぎーこん

今の現状は患者さんが詐欺被害にあっていることに
なりませんかね。
私たちはきちんとした代金をいただいてないんですから。
でも患者として健康保険を利用するとお支払したことに
なっているんですよね。
これってあの、グッド◎ィル状態ですよね。
もっと表沙汰になっておかしくないはずです。

そのように私は考えています。
by ぎーこん (2010-09-10 10:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。