So-net無料ブログ作成
検索選択

お知らせ [歯科技工士]

長い間更新をさぼってすみませんでした。

前回の更新日翌日に倒れてしまい、最近まで入院していました。

ただの過労かと思っていたのですが、検査の時に病気が見つかり家に帰ることも出来ませんでした。

ブログは再開しますがこれから先、私自身の健康を維持する余裕もないので更新の回数は減らせていただきます。

勝手を言って申し訳ないのですが、今の私にできる事はこれが精一杯です。

今まで「伝える」ことばかり考えていましたが、これからは「託す」ことを重点に考えていこうと思っています。

皆さんの協力が必要です。

私に力を貸してください。お願いします。



私はこれまで「技工を語る」のではなく「技工士の生々しい現状」を伝えるつもりでブログを書いてきました。

「技工士」という生き物は、仕事に没頭するあまり世間から孤立している人が殆どです。

「技工士」が作るものは確かに素晴らしいです。

しかし、「技工士の働く環境」は劣悪そのものです。

多くの技工士がそれに気付きながら、何も言えない状態で今もなお働き続けています。

そんな環境で働く「技工士」は素晴らしい職業と言えるのでしょうか?

小さな世界で背伸びしているだけで、外の世界に出たら誰にも相手にされないというのが今の技工士の現状です。

世界一の技工士と言っても、歯科業界以外の人が聞いたら誰のことかもさっぱり分からないでしょう。

技工業界では有名な人でも、世間に出れば一般人と同じです。


もう一度「歯科技工士」という職業を客観的に見てみませんか?

今、技工士が何をしなければならないのか答えが出てくるはずです。

nice!(15)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 15

コメント 6

uduyuimama

大変だったのですね・・・どうしたのか心配していましたよ。
疲れは病気を悪くします。
ゆっくり休める時は休んで、早く良くなってくださいね★
by uduyuimama (2010-06-03 07:29) 

しょうたく

業界の見えない部分を伝えることで着実に変わっていくと思います。
とはいえ、まずはお体を大事にご自愛ください。
by しょうたく (2010-06-03 13:23) 

ばじるん

今はゆっくり体をやすめられてください
早くお加減がよくなりますように・・・
by ばじるん (2010-06-03 23:16) 

G3

体に持病を抱えて働いている仲間も多いと思います。
お大事になさってください。

歯科技工士の働く環境と言うのは、その職場だけの事では語りきれません。
常になぜそのような就労環境や業界構造が当然とされているのかを疑問として考えてほしいと思います。

ぼちぼち体を慣らしてください。


by G3 (2010-06-04 13:28) 

メル

時々、拝見しています。
私は技工所を経営していますが、”必要以上の技術”を身につける為に従業員の生活や健康を犠牲にすることには懐疑的です。
おそらく誰でもが、若い時の2,3年であれば体に無理をしてでも技術を身につけようと頑張れるとは思いますが、それがずっと続く環境や職業という事であれば”おかしい”と声を上げるべきだと思います。
あなたの様に。
”誰が見ても素晴らしい技術”はあっても良いです。しかし、それらが健康や精神を患い、人生観まで変えてしまうほどの歯科技工士を目指す人たちに圧力を有しているならそれは、個人個人の価値観の問題よりも全体で考えるべき事であると思います。

経営者の立場として、歯科技工士という職業が長時間労働なのは判り切った事だから長時間働かせることが当たり前という考え方は間違っていると思っています。自分たちもやってきたことだから・・・という理由で行っている経営者がいるとしたら・・・・仮に突然死などが起こったらどう対処しようと言うのか?理解に苦しみます。
残念ながら歯科業界は簡単には変わらないと思いますが、それでもあなたの様にたたかれることを恐れずに問題点を明らかにすることはとても大事なことと思います。

最後になりましたが、様々なストレスがたまって健康を害されたのでしょうか?
ご自愛ください。ご家族やご自分の為に。

by メル (2010-06-06 16:17) 

歯科技工士

>uduyuimamaさん
ご心配おかけしましたf(^^;)
若い頃みたいに無茶をしたらダメですね。


>しょうたくさん
このブログがどれ程の影響力があるか分かりませんが、せめて技工士全員が人間らしい生活を送れるようになればいいなと思っています(^^)


>ばじるんさん
医師からもしっかりと休養を取るように注意されました。
ブログの更新も気になるのですが、今月は健康面を優先させていただきますね(^^)


>G3さん
これから頑張ろうと思っていたところなのにホント情けないです。
病気持ちの技工士さんは大勢いますが、その事実は殆どの方が知らないと思います。
私の先輩方も健康面で苦労されていますし、私自身も大きな病気を抱えるようになりました。
当たり前のように毎日夜遅くまで残業し、不規則な生活を送っていたら必ず身体を壊します。
この業界の異常さを少しでも多くの方に気付いてもらいたいです。


>メルさん
メルさんのような考えをもった方が増えればこの業界は確実に良くなっていくと思います。
しかし今の業界の現状を考えると、従業員を奴隷として扱わないと経営が成り立たないと言う人が大半を占めています。
それでも従業員の生活を守ろうとするメルさんのコメントを読んで感動しました。
当たり前の事でも守れないこの業界だからこそ、真実を語れば大きな波紋が拡がります。
技工所の経営はとても大変だと思いますが、あなたのような志を持った方でしたら優秀な技工士がどんどん集まっていくと思います。
人としての温かさを持った経営者が幸せになれる業界になってほしいと心から願っています。

今回見つかった病気は若い頃からの無理が重なってできたものです。
今はまだ病名は言えませんが、落ち着いたら告知しようと思っています。
若いうちは大丈夫と思っている人も多いと思いますが、10年20年先になって後々出てくる病気もあります。
今までの異常な労働環境で働いてきたから今の私があると思っています。
病気のことも皆さんに知ってもらい、無理をすれば必ずこうなると言うことを身体が続く限り伝えていきたいです。



みなさんからの心温まるコメントを頂き大変嬉しく思っております。
病気の事で色々とご心配をおかけして申し訳ないのですが、今月は治療に専念するためブログの更新もあまりできないと思います。
このブログを読んでくださってる方はよくお解かりだと思いますが、過剰な労働は身体を蝕みます。
くれぐれも無理をなさらぬよう、私からのお願いです。
健康あっての幸せです。
過労死は自己責任と言われている時代です。
無理な時はハッキリと断って、自分の身体を大事にして下さい。
by 歯科技工士 (2010-06-10 00:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。